忍者ブログ
ぬこすきー
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/12 とらねこ]
[06/16 チャトラン]
[06/13 暗黒皇帝]
[10/26 まっぴ]
[08/30 とらねこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
とらねこだったりヨチヨチだったり
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木、金と代休を充てて4連休にし
生まれて初めての沖縄に行ってきました。

2011/6/23(木)
つい安さに釣られ朝6:30羽田発という便を確保。
勿論、埼玉からでは到底間に合わないので前日に実家に帰る。
2年前に淡路島でコケて表面がズタボロになったタンクバッグに
2日分の着替えと最低限のチャリンコグッズと
夢と希望を詰め込んで出発w

ロードバイクは那覇の自転車屋『沖縄輪業株式会社 那覇前島店』
にてレンタル。


※ちなみにチャリンコグッズには欠かせない
パンク修理キットは接着剤が飛行機に持ち込めないので
現地で購入する必要があるぞ!

実家からも最寄の地下鉄の駅からでは始発に乗っても
間に合わないので4時過ぎに家を出てJR亀戸駅までテクテクと



あれ?これ電車乗り遅れそうじゃね?
ということで途中でタクシーを捕まえるw

空港では寝ぼけた頭で
搭乗手続きの行列に並んでいたつもりが何故か荷物預り所で、
預けるものも特になかったんだけど「やっぱりいいです」と
去るのも恥ずかしかったのでタンクバッグを預けると
手荷物が財布、iPhone、カギ、ヘルメットと
ほぼ手ぶらになってしまう。

9時過ぎには那覇空港に着くも沖縄輪業の開店時間には
まだしばらく時間があったあったため、
パンク修理キット等を買うためにも国際通りにちょっと寄り道。



あ…ありのまま 起こった事を話すぜ!
おれは国際通りを歩いていたと
思ったらいつのまにか二郎を食っていた
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…
腹がどうにかなりそうだった…野菜マシだとか豚だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえもっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…。

ということで沖縄初の食事は二郎インスパイア系w
『ちゃー盛りらぁめん だいじろう』

第一牧志公設市場という戦後の闇市から続く市場内にあるために
オープン時間はなんと朝5時から。

流石にまだ10時前だし、これからチャリンコ乗るしで
頼んだのはラーメン小(180g)500円に野菜肉マシ+150円。



むむ、見た目は中々に二郎っぽい。
豚もネットで見ていたほどラフテーっぽくはなく
八角などの効いたチャーシュー。
スープは背油が多少浮いてるもアッサリめ。

麺は平打ちの太麺できしめんをちょっと硬くした感じ。
沖縄そばの麺とも違うね。

野菜はほぼもやしw

総じて、二郎インスパイアというよりはぽっぽ屋なんかに
味は近いかも。

暑さも手伝って汗だくになりながら完食。
量は流石に少なかったです。普通に食べるなら中(260g)か
大(400g)でいいかなぁと。

修理キットやドリンクなどを確保し、
国際通りを外れ沖縄輪業に向かう。
最小限のチャリンコグッズを、と言ったにもかかわらず
グローブ、携帯空気入れ、持っていったら付けてくれる
SPDペダルなどを忘れてた…orz


グローブはその場で購入し、空気入れは貸してくれた。
軽くセッティングしてもらい、いざ出発!



(´Д`)アチィ

既に日はかなり照っていたので
早速UVカットのアーム&レッグカバーを身に着け仕切り直し。
目的地は1日目宿泊予定の名護市まで。

国道58号線を延々北上する。
浦添市、宜野湾市と順調に進み、北谷町に入る。

twitterでオススメの観光場所や食事処なんかを聞いていて
北谷の『沖縄そば 浜屋』をオススメされていたのだ。

が、、、まだお腹の中に二郎的な何かが存在し
とてもご飯食べる気にはなれなかったのでスルーw

右手には米軍の嘉手納基地、左手には蒼い海を眺めながら
しばらく進むと

『WELCOME TO THE KADENA MARINA』の文字と綺麗な海。
ちょうどいい、この辺でちょっと休憩しy…。



警 告
合衆国空軍施設
施設司令官の許可なくしてこの地域に
入る者は違法とする
刑事特別法事項…


ヒエェエエエエッ!

危うく軍法違反(?)犯すところでした(;´Д`)

長くなっちゃったんで、その2に続く
PR
6/12(日)、「第十二回文学フリマ」に行ってきました。

お目当ては『Bootleg vol.3 Noir 』

が、前日新宿で遅くまでワイン&ビールをしこたま飲んだ私が
ちゃんと起きられる訳もなく…。

慌てて準備をし向うも会場にはとても間に合わなそう。


「あ、暗黒皇帝様・・・ひとつお願いがございまして・・・」


「うむ、なんだ?いまや私にとって数少ない無害な存在の
貴様の願いとあっては聞いてやらんこともないぞ!申してみぃ」


「へ、へえ・・・寝坊しちゃったんでBootlegを一冊
買っておいてはいただk…」


「黙れ小僧!!!(カッ!!」








富江よろしくなんとか塵屑から再生するも
蒲田の会場についたのが11時半。


とみさわ先生の『蒐集原人2号』のおまけに
タンブラー用山城新伍チョメチョメシートをいただいたり。
※参考画像
『チョメチョメタンブラー完成図』

暫くBootleg取り巻きブロガー(笑)の方々と談笑していると
古澤監督が『アベックパンチ』の前売り券を1枚1,000円で手売りしている!!

※アベックパンチとは『月刊コミックビーム』で2007年2月号から
連載がスタートしたタイム涼介氏の作品で、
“アベック”と呼ばれる架空の格闘技をテーマとした漫画作品を、
『オトシモノ』で注目され、『青春H making of LOVE 』で熱狂的な
支持を得て、2012年公開の『Anotherアナザー』も
控えている若手注目監督・古澤健が撮った
青春ムービーなのである!(説明セリフ終了



「おお、1枚売ってくださいな!」

「はい、5,000円ね…」

「ちょwww1,000円に負けてwww」

という件が有ったとか無かったとか


いずむさんから

ドニーさんのケツを拝むことなく

返された『精武風雲』をそのままカトキチさんに渡す。


・・・泣いてなんかないぜ!

その後、「破壊屋」のギッチョさんによるカレーランチオフ会に。
取り巻きブロガー(笑)としては参加するしか!

ビュッフェスタイルで数種類のカレーが食べ放題にも
かかわらず980円というまさに蒲田クオリティ。

モリモリモリモリ食べる







あれ?いずむさん居なくね?

まあいいか・・・。

モリモリモリモリ・・・。

大半の人がお腹一杯になった頃に現れるいずむ氏。
私には既に便意が来ていた・・・。


グダグダっと談笑し、会場に戻った頃には
既にBootlegは大半が売れており程なくして完売。




ちゃっかり打ち上げに参加し、

・ブラックスワンについて熱く語ったり

・スタヅオヅプリ作品サソトラ全集に腹抱えて笑ったり

・チャトラン、お前は新宿ピカデリーで『なんでアベックパンチやってないんだよー!?』と暴れろと言われたり

・『勿論、バルト9でも(略』と脅されたり

・俺はお前が嫌いなんだよ!と言われたり

・これ以上ラーメン二郎について呟いたらリムーブするからな!と脅迫されたり

・何故かとみさわ先生(攻)×チャトラン(受)でカップリングされたり


よう分からんうちにあっという間に楽しい時間が過ぎて帰宅。
文学フリマに参加された皆様お疲れ様でした!

皆様のお顔が写り込んじゃったり、
色々な意味でアウトでとてもウェブ上には
あげられない写真ばかりだったので画像はナシでorz

参考リンク
文学フリマに行ってきました。 by stroszek

[DIARY]文フリ行って来た by ANKOKU_KOUTEI
doyさんにお誘いいただき
doyさんファミリー(doyさん、奥様、マーリー先生)、暗黒皇帝様、paseyoさんと
大久保にある韓国式刺身専門店『東海』に行ってきました。

目玉であるお刺身のお値段はどれも1万数千円と決して
安くないように思えたが・・・。


なんと付き出し20品付きw


まあ韓国料理屋といてば黙っていても付き出し(専らキムチ)が
延々出てくる印象は有ったけど、それにしても。


注文したのはスズキのお刺身(大)16,000円。
待っていると出てくる出てくる。


・カボチャのスープ


と、お吸い物。え?汁物2つ?



・ケジャン



・エイの漬物(臭いホンオフェじゃないよw)



・チジミ



・刺身

え?刺身頼んだのに、刺身の付き出し?え?え?



・ホタテのバター焼き

そして



・doy奥様ご所望の生だこ




こ、こいつ、動くぞ!?

参考動画

コイツがぁまあ動く動くw
しかも吸盤が皿に引っ付いて中々取れない。
ギャーギャー大騒ぎしつつも一向は食べるが…。
マーリー先生が頑なに拒否。

『マーリー!僕をお食べ!美味しいよ!』と
機関車トーマス風にアピールするも
やだ!チャトラン嫌い!と

チャトランさん

ワインをぶっかけられたお兄さん

チャトランこの野郎!

と着実にステップアップ。

暗黒皇帝の地獄の底から響くような声で
「マ~リ~、くえ~!喰らうのだ~!」
と恐喝するも泣き出してしまう。

その後も蠢く触手で悪ふざけする大人達。



・スズキの刺身

や、やっときたメイン!w

これをまるでサムギョプサルのように
サンチェやエゴマの葉に
青唐辛子、ニンニク、味噌と一緒に食べる。



う、う~ん、悪くはないんだけど
別にワサビ醤油でいいかな?w

かなりのボリュームにヒィヒィ言いながらも完食






毛蟹<おいすー!



天麩羅<おいすー!


三枚肉<おいすー!


結局、何がメインだかさっぱり分からないまま店を出る。
これにビールやらマッコリやら飲みつつもおひとり5,000円弱。


アイスが食べたいというマーリー先生の為に
対面の韓国スーパーに入り
変わった食材にキャッキャッ言いながら各々お買い物。






私はDEWへのお土産にと不味そうな変わったジュースと
韓国のかっぱえびせんことセウッカンの辛口を購入。


が、

doyさんファミリーと分かれた後、
暗黒皇帝様、paseyoさんと共にアボットチョイス新宿店へ。

すまない、樽生のストロングボウが飲みたかったんだ。

ドライトマトをつつきながら暗黒皇帝に口説かれるw


結構いい時間になったしと店を出ておふたりと分かれるも、
結局DEWへ。

ちょうどマンチェスター・ユナイテッドが優勝を決める
試合の終了間際だった。

勝ちか分けで優勝なのだが、えらくしょっぱい試合だったらしく
機嫌の悪いマスター。


どうしよ・・・

こんなん(すっかりぬるくなった不味そうな変わったジュース)
出したら怒られそう・・・


結局、引き分けで優勝を決めたマンUを祝しての
振る舞い酒にシャンパンを戴く。

っと、ついでに私もかっぱえびせんを。

常連さんにも意外と好評だったが、
特に何も言わずポリポリ食べ続けるマスターw


不味そうな変わったジュースを店に置いて帰宅。


「新大久保で韓国風刺身を食べてきた」- メモリの藻屑、記憶領域のゴミ
先日の文フリで尻合い、もとい知り合い
以降twitter上でチョコチョコ絡ませてもらってるいずむさんから

明日東京行くからお前がいっつも自慢してるモツ屋に連れて行けや!

とのお達しをいただいたので、
毎度のギギギ会のメンバーと

次モツ食べに行くときは私も誘いなさいよね!このシャバ僧ッ!

とおっしゃってたStroszekさんに声をかける


残念ながら今回はナマニクさんの都合がつかなかったものの

『ゾンビ、カンフー、ロックンロール』の侍功夫さん

『メモリの藻屑、記憶領域のゴミ』の暗黒皇帝様

『とは云ふものヽお前ではなし』のpaseyoさん

『蒐集原人』のとみさわ昭仁さん

『にゃんにゃんゾンビ村』の古澤健監督

『いずむうびい』のいずむさん

『The Transformation of the World into Film』のStroszekさん


とまあ今回も急なお誘いにも拘わらず
超豪華メンバー。


当日早めに埼玉を出、映画を観ようと新宿へ。

観ようと思っていた『冷たい熱帯魚』も『RED』も満席、
つい先日エキストラで参加してきた映画にも出演されていた
武田梨奈さん主演の『カラテガール』も既に満席…。

ということで2Dでグリーンホーネットを鑑賞。
うん、3Dって眼鏡も煩わしいし、高いしで
そうそう3Dで観たいと思う映画ないのよね

うん、映画自体はまあまあでした。


映画を観終わってもまだ時間が余っていたので
DEWで軽く…
ギネスを3パイント程


時間ギリギリで亀戸に着くと
少し遅れて後からくるという古澤監督と
乗り継ぎに失敗してしまいちょっぴり遅刻しそうな
いずむさん以外は既に集合。

とりあえず皆さんには先に行ってもらいいずむさんを待つ。
無事合流し、園子温をDissりながら『こん平』へ。


相も変わらずべらぼうに旨い生モツを喰らいながら映画談義。



早速、皇帝様がいずむさんに
「貴様!アレだな、バス男に似ているな!」



「ジョ、ジョン・ヘダーですか?」

「そうだ!ジョン・ヘダーだ!口を半開きにしろガハハ!」



そしてお決まりのアガサさんへのイタズラ電話。

電話に出ないとなると
・オイ、お前、アガサ家の第3子の計画を邪魔するんじゃないよ
・そうでやすな、ゲヘヘ

と勝手かつ下世話にまとめる。

直ぐにアガサさんから掛け返された電話に出
「どうも毎度小生意気な小坊主こと侍功夫です!」
とお決まりを決めた後
ひととおり参加メンバーに廻す。

へっへっへどうだアガサ?
相変わらず羨ましくてギギギっと唸ってしまうだろう?

ツーッ…ツーッ…ツーッ…

なんでまた俺に戻ってくる前に電話切っちゃうんだよ!!!!
グヌヌヌッ…。


「私カトキチさんの電話番号知ってますよ!」といずむさん。
第二の犠牲者が…。



そして惨劇は起こった。
暗黒皇帝様から返していただいた『精武風雲』を手に
この映画の素晴らしさを語っていたつもりが

いつの間にか全裸ドニーさんの話に。

以前twitter上で精武風雲の話になり
ドニーさんが全裸にされているとの情報が有ったのだが、
私がドニーさん情報の収集においてはこと信頼している
そのサイトには「全裸は誤訳でどうも半裸くらいだよ!」
って書かれていたので
「違うらしいですよ」と言ってしまうも観てみたらやっぱり全裸で
その方に「すいません!やっぱ全裸でした!」
と誤りたい気持ちで一杯で(ry

しかもしかも、またドニーさんのケツのエクボがとても
40代後半とは思えない男が惚れるようなパーフェクッバリィ
だったんだよ!!!!

と思わずジョッキ片手に熱弁すると


チャトランお前まさか。。。

ち、違うんだ!私は決してセクシャルマイノリティじゃないぞ!

煩い!お前なんかブログのタイトル「俺のケツ論」にしてしまえ!

いずむさんを今回誘ったり、イップマンの前売り券あげたのもそういう下心か!

や、やだ、とらねこさん…。

そんな風に観てたモノなんか貸さないでよ!


ち、違うんだ!


ッアー!!!!


[オマケ]
先日、エキストラとして参加してきた
古澤健監督作品の参加記念品にサインをいただいたぜ!

一応タイトルはまだ発表されてないので伏せときます。
ということでtwitterでチャトラネコ(@chatoraneko)の呟きを
見ていただいている奇特な方以外にはてんでさっぱりな

『岡山のカリスマ映画ブロガーアガサさんに
ルサンチマンを発動させギギギっと言わせるべく、
旨いモノをつつきながら楽しい宴を繰り広げようの会』

通称:ギギギ会

コチラもblogに全く書かないうちに
あれよあれよと第4回。

本当は第3回のはずだったんだけど
直前で蔓餃苑に行ったので。


至る1/8(土)、開催場所は第1回と同じ
『もつ焼き こん平(江東区大島)』


今回のメンバーも超豪華!!
『ゾンビ、カンフー、ロックンロール』の侍功夫さん
『メモリの藻屑、記憶領域のゴミ』の暗黒皇帝様
『とは云ふものヽお前ではなし』のpaseyoさん
『ナマニクさんの暇潰し』のナマニクさん
そして今回こん平お初な
『蒐集原人』のとみさわ昭仁さん
『にゃんにゃんゾンビ村』の古澤健監督


そして、『東京の優しいイケメンのお兄ちゃん』こと
私とらねこ(某幼女談、JAROは呼ばないでくだしあ(つД`)・゜・。)


もつ焼きと銘打っているが
ココのオススメは何と言っても
新鮮なモツの刺身!!

私の中での定番『モツの刺身の盛り合わせ(\1,100)』
肉画像

いつの間にかちょっぴり値上げしていたけどそれでも価格以上の価値は十分にある。
見辛くて申し訳ないけど写真左から
ガツ、ハツ、ホーデン(タマタマw)、レバー、タン、コブクロ。


上記ブログでモツについても語られているとみさわさんに
『ココの刺身はホント旨いッスよ~、マジ臭みとか全くないし~』
と大口を叩くも内心ヒヤヒヤしていたが
気に入っていただけたようで一安心。


その後も、旨いモツをつつきながら

思い出したかのようにアガサさんにイタズラ電話を掛けたり、

その電話に娘さんが出たもんだから慌てて
『もしもし~東京のお兄ちゃんだよ♪お母さんいるかな?』と怪しさ全開だったり、

恐らく晩御飯の準備で大忙しなアガサさんにウザがられたり、

途中参加となりまだ酒を一口も飲んでない古澤さんに電話を渡すも
電話越しにアガサさんにひたすら謝っていたり。



以下、飲兵衛語録

・アガサさんが居ない飲み会なんてツマンナイヨ~!

・岡山って何あんの?

・つーか岡山行くメリットって何?

・岡山といえば睦夫だろ!

・ノルウェイの青森(皇帝様のツボにクリティカルヒット)

・沈黙シリーズ最新作『沈黙の臓器』


2時間ほどで騒ぎすぎたので店が大盛況な為こん平を後にする。

正直、モツ屋以外はイマイチなためどうしたもんかと思っていたところ
とみさわさんが見つけた気になる居酒屋へ。

何故か、

サラダを頼もうが・・・。
ポテトフライを頼もうが・・・。
コロッケを頼もうが・・・。

全てにパインが一切れ付いてくる不思議な店でした。


そこでも映画談義は耐えなかったのだが
ついにアノ話題が・・・。

「でさぁ、キック・アスなんだけどさぁ、アレ原作と映画で・・・」

(∩゚д゚)アー アー キコエナイ
※唯一とらねこだけキック・アスを観ていません。


「ん、お前、もしかしてキック・アス観てないの?」

「映画クラスタ集めておいて?」

(∩゚д゚)アー アー キコエナイ


「このシャバ僧が!!!」


「ギギギ!」
Copyright (C) 2009 帰ってきたよちよちぶろぐ, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]